Just another WordPress.com site

11月, 2011 のアーカイブ

救世軍社会鍋デモンストレーション

11/27 PM14時30分より大阪心斎橋筋の大丸デパートで12月に始まる社会鍋のプレゼンがありました。
救世軍士官学校の候補生と大阪市内の救世軍が集いOCBもお手伝いです。

路傍伝道する候補生から「OCBの演奏で励まされた」と聞きましたが、うねる人波に勇敢に挑む候補生に実は力付けられていたバンドメンバーです。

イエスさまの愛は不思議な形で示されるから感謝です。

賛美と感謝で清められる希望が近づき有り難い。

広告

今週の大目玉

天満小隊の週末は賑やかになりそうです。なんと救世軍士官学校から候補生が全員集合です。

2年前の夏期訓練でも熱く燃える候補生に感動しましたが、今度も素晴らしい恵が有るでしょう。

冬セールの仕込みも佳境です。空腹も通り越したがイエスさまと共に頑張ろう。

救世軍西日本連隊音楽祭 シルバーベルグ楽長を迎えて

11/20は14PMからシルバーベルグ楽長と共に音楽集会が有りました。指揮はとても繊細でタクトが1cmも振れていない様な
フレーズも有り目が離せない緊張感が有りました。ハモリや裏メロでもしっかりキューが飛びます。
その瞬間はやさしい眼差しで威圧でも強制でも無いのですが、「当然すべき事」と思わされる眼力なのです。
会社で言えば上司ではなくて社長からの指示に似た雰囲気に感じました。

作曲者ならではのアドバイスも多く有りました。特に「P(ピアノ)」のパートでは記号通りに静かに演奏していましたが
「大きい楽隊用に記号が付けられており少人数のバンドでは小さすぎない方が良い」との事でした。

「共に賛美をする為に来た」との言葉の通りシルバーベルグ楽長夫妻は心が熱くなる賛美と祝福の時を共に持たれて
素晴らしい感謝の時でした。

シルバーベルグ楽長夫妻のご来訪

11/19-20にデンマークより救世軍大阪天満小隊にシルバーベルグ楽長夫妻が来られました。
18PMからは一緒に食事会が有り、19PMよりはOCBの金管バンド練習を指揮されました。

救世軍の音楽で世界的に活躍しておられるのでメンバーはビビッてました・・・(笑)
写真よりもやさしい感じの方で若ぶりですがかなり年配のご様子でした。

バンドのご指導はさすが的確そのものでした。パート単位ではビシビシと指摘が有りましたが、
作曲者ならではの情緒豊かな演奏方法を少人数のOCB向けにアレンジ頂き良い仕上がりになり
ました。

久しぶりに音楽と信仰が融合する救世軍の熱い空気が流れていました。イエスさまと一緒に
心が熱くなるこの感覚は救世軍ならではです。明日の集会も強く導かれて感謝です。

シルバーベルグ楽長の情報リンクです。http://majisam.web.fc2.com/tenma/band/20111106ERIKSILFVERBERG/ERICSILFVERBERG.html

三年峠

11/12(土)は小学校の参観日でた。国語の授業では物語に新しいタイトルと意味を付ける課題でした。

三年峠でこけると3年しか生きられ無いと言う迷信を信じたおじいさんは一度はこけてしまい心配から病気になります。

しかし医者のアドバイスから迷信を逆手に取って繰り返しこけて寿命を延ばす展開です。

子供達は「幸せなおじいさん」とか「迷信を信じたおじいさん」など色々な意見です。

子供達の発表を手早く的確に纏める先生の腕前にも感心です。

子供達は長閑で楽しそうです。

寒くなってきた

メモリーを整理すると1年前のフランクリン・グラハム大会の写真が有る。

初めてのデートで心が高まる様な、これまで経験した事が無い熱い賛美の中でイエスさまに出会った。

残念ながらこの喜びを共有出来る環境にないが、新しい道が示される希望に感謝しよう。

冬仕込み

冬のセールが近づいて来ました。あれこれと知恵を絞った製品を気が遠くなる部材単位で手配します。
なにか一つ欠けても失敗だから全く手強い。
今年はリコール、地震、洪水と厳し過ぎる。
今日は足が震えるパニックデーだった。やり過ごせて感謝だ。